スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく戦国時代の頭文字D 2泊3日旅行

先月中旬、2泊3日のひぐらし&戦国無双&イニDの聖地巡礼(?)旅行をして参りました。
白川郷は私の強い希望による観光地です。あとは同行者の希望です。
というか行く先々がオタクにとっての聖地になるとは思わなかった。


【1日目 白川郷】
先日の日記にも書いたとおり、白川郷へ行きました。そうです聖地巡礼です。
雨にも関わらず、観光の方が大勢いらっしゃいました。
行く先行く先、アニメで見たことある場所があちこちにあります。すごく興奮する。
『いろり』というお店ではきっと、祭囃し編の数年後にいろりが山狗たちと営んでいるんだろうなあ…と妄想したのは言うまでもありません。
魅音の家や沙都子の家、レナの家に公由家、そして梨花ちゃんハウス。(ここがあの女のハウスね…)
通学路もワクワクしましたし、村のどこにいても水音が清涼感を感じさせてくれました。
そして展望台からの眺めは本当に素晴らしくて、涙が出そうになりました。いえ、実はすでにトンネル抜けた瞬間の合掌造りを見て半泣きでした。
ひぐらしファンが必ずやると言っても良い、絵馬のお絵かき!
もちろん私は小此木さんを描きつつひぐらしを応援し、生みの親のカミサマの隣に置かせていただきました。
とにかく白川郷は本当に素敵で綺麗で青空が澄んでいて…また行きたいと思いました!
白川郷の次は御母衣ダム。水量が少なめで切なかったです。
そして高山市。古き良き町並み…というやつでしょうか。城下町のような、江戸時代の町並みは歩いているだけでなんだかドキドキします。それに夕暮れでさらに町が映えて見えました。オススメの町です。

20160715-01.jpg20160715-02.jpg20160715-03.jpg
20160715-04.jpg20160715-05.jpg



【2日目 鍾乳洞&松本城&上田城】
岐阜から出発し、飛騨大鍾乳洞へ寄りました。
すんごく寒かった。9℃だった。でも鍾乳洞の中を歩いてると逆にそれくらいがちょうどよくなります。
その後、松本城へ。すんごく晴れていました。私の好きな空の色です。
ちょうど土曜だからか人が多くて、城内の観光ルートもキツキツのギュウギュウでした。ちょっと辛い。
あと忍者とか鎧着てる人が居ました。2ショットしました。
上田城は今、大河ドラマもやっているせいかドラマ館とか屋台もあってとても賑わっていました。
おもてなし武将の真田幸村も居て一緒に撮らせて頂きました。かっこよすぎて滅茶苦茶興奮しました。
後で調べたらアメブロやっていました。内容が可愛かったです。

20160716-01.jpg20160716-02.jpg20160716-03.jpg



【3日目 伊香保神社&榛名神社&富岡製糸場】
伊香保神社は石段が365段もあります。
途中、疲れたので射的場で弓をやってきました。なかなか重くて難しいです。
私以外誰も居なかったのに、終わった頃には窓からたくさんの人が眺めていて、私が出ようとする間もなく沢山入ってきました。ひええ。
なんとか登り切ると沢山の参拝者に立派な神社、あと松尾芭蕉の俳句が石に刻まれてました。
で、頭文字Dのタクミとかが温泉まんじゅうを食べる例のアレをやろうと思ったのですが、どこにも売ってなかったので諦めました。
その後、ロープウェーを使って榛名富士、榛名神社へ行きました。
榛名神社への道はかなり長く、歩くのが大変です。しかし、どこを見ても緑・緑・緑。小此木さん・オスカーさん・馬乃介さん。
まさにマイナスイオンのバーゲンセールみたいな感じです。スピリチュアルです。
道中に七福神の石像が点々と配置されていました。一番探した毘沙門天は入口の脇にありました。わからんよ。
社会の教科書に出てくる富岡製糸場ではリアル蚕が見れます。あれ、白川郷小田家にも……
工場ってすごい。そう思いました。(小学生の作文)

20160717-01.jpg20160717-02.jpg20160717-03.jpg


今回、岐阜・長野・群馬と3県をまたぐ旅をしました。
現実に帰りたくない、本当にそう思いました。
旅行って現実を忘れることが出来るしリフレッシュ出来るし最高ですね。
特に高山市は今でも良い印象が鮮明に残っているので、ぜひまた行きたいと思っています。
次は白川郷に実際に泊まってみたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。