スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画感想】ハッピー・フライト、シビル・アクション、スパルタカス他

いよいよ小此木さんと出会って7周年になりました。150817.jpg
7周年絵をサイトにて展示してますので宜しければ見に来てね!→【神之籠】
実はこの絵の背景の空…いつもならphotoshpoのブラシにお世話になりながらも自分で描くのですが、今回は私が撮った空の写真を使いました。最近のマイブームは空の写真を撮ることです。
小此木造園事務所から見える空と、私が見ている空は同じもの…つながっている…そう思えば、もうこれは二次元と三次元がつながっていると言っても過言ではありません。ガフの扉も開くと思います。(関係ない)


はてさて、長くなりましたが…夏季休暇を使っていろんなDVDを借りたり録り溜めていた洋画をもろもろ諸平野見てきました!
なので感想をババーっといっちゃいます!!(★は私的評価)


『ハッピー・フライト』(★★★★☆) ロマンス コメディ ラブ
『女性の幸せとは、人生とは何か』を主題にしたサクセスストーリーです。
主人公はテレビでスチュワーデスとして成功を収めた女性のインタビューを見て、『いい?何かしたいなら行動を起こすのは”今”よ!』という言葉でついに動き始める。
そしてまずは田舎の飛行機のスチュワーデス。勉強熱心で、一流のスッチーを目指すヒロインはどんどん高みへと上っていくが…
というのが大体の流れです。
田舎の航空会社の制服が胸元ぱっくり、超ミニスカ!!こんなの田舎じゃなきゃないような制服ですね。
ストーリーは王道ですが見ていて飽きないので、最後まで楽しく見ていました。テンポもとても良いです。
そんなに重くも長くもないので暇な時に軽く見れる映画でおすすめです。



『シビル・アクション』(★★★☆☆) ヒューマンドラマ
弁護士である主人公(ジョン・トラボルタ←ここ重要)はいつも裁判前に和解金で解決させ、裁判沙汰にはさせずに金儲けしていた。
ある日そんな主人公のもとに『この街の子供たちは汚染水を飲んで白血病になって死んだ!感染源をたどって訴え、謝罪をしてほしい!』という市民たちが現れる。
あまり気乗りしないがひょんなことから水の上流にある工場を見つけ、排水が流されていることを知り、しかもその企業は大手…これは金が踏んだくれるぞと思い、依頼を受けるもそう簡単ではない上だんだん金ではなく心を動かされるようになる…
という、実話に基づいた映画です。
とにかくトラボルタがかっこいいです!!もうトラボルタ!!好き!!素敵!!
訴えるための資金を輯めるうちに借金まみれになり、事務所はほとんどのものが差し押さえられ、デスクなしでイスに座ったまま話をするトラボルタと所員たちの姿はなんだかシュールです。
裁判ものとしてはあまり爽快感がなく、ドラマものとしては少し物足りなく、残念でした。
でもトラボルタが本当に素敵でした。(無理やりまとめる)



『クレイマー・クレイマー』(★★★★☆) ヒューマンドラマ
ある日突然、息子を残して妻は出て行ってしまった。父は今まで仕事一筋で、家のことはすべて妻に任せていたため、突然仕事と家事の両立をするようになり慌ただしい日々を送る…しかし、時間が経つにつれ、息子は父に心を開き始め、2人での生活も苦ではなくなり楽しく過ごし始める。
そんなとき、再び2人の前に妻が姿を現し、息子の親権をめぐる裁判が始まる。
父と息子のあったかいつながりを感じる、良い映画でした。父親役がまさかのダスティン・ホフマン…!
あと裁判で父側の弁護士さんがとてもかっこよかったです!!相手を追い詰めていい感じに証言を聞き出して新たな情報を得ていく感じ…そこが一番の山場ではないかと思うレベルです。
ラストの展開は予想通りといえば予想通りのようなー、でも母の突然の心変わりあたりが私にはまだちょっと説得力が足りなかったです。



『ベン・ハー』(★★★★☆) スペクタクル 歴史
1925年版、モノクロ、サイレント映画というものすごい古い映画を借りてしまいました。
ユダヤの豪族ベン・ハーがひょんなことから(主に友人のメッサラのせい)奴隷になり、母と妹も牢獄に入れられて、ハー家は滅んだと言われていた。
奴隷になって3年、ベン・ハーは船をこぐのが上手になっていた(嘘)。
ムチを打たれ、水も与えられず、日に日に衰えていく…そんな状況でもベン・ハーは生きることを諦めないでいた。それも全てはメッサラへの熱い熱い復讐心だった。
なんというか…ベン・ハーという人間の転落から這い上がってくるまでの人生を見ているような映画でした。
ここまで昔の映画だと、もはや映画というより実際にあった映像のような気さえしてきます。
サイレントなので、音声はなく、BGM付き映像とセリフが交互出るだけです。ですが、サイレントだからこそ私達の想像力が刺激され、脳内で補完されます。
有名な戦車のレースのシーンは手に汗を握って見てしまいました。



『スパルタカス』(★★★★☆) 歴史 アクション ドラマ
古代ローマでは奴隷制度があり、円形闘技場で剣闘士を戦わせることが流行っていた。主人公のスパルタカスも奴隷だったが、商人に目をつけられて剣闘士として日々訓練を重ねていた。
しかし自由を何よりも求めたスパルタカスはある事件をきっかけに暴動を起こし、奴隷軍を作り上げて将軍となる。(サンホラでいうエレフ
目的は、奴隷全員が自由を得て各々の国へ戻ることだが、ローマの元老院たちはそれを許しはしない…というお話です。
剣闘士!コロッセオ!目当てで借りたので、その要素は前半で終わってしまいちょっとがっかりもしました。
でもスパルタカスがヴァリニアに惚れて、恋をして、目と目を合わせるだけの日々が本当に可愛くて愛しくて胸がキュンキュンしました。
ラストは鬱です…これはまぎれもなく、鬱……つらすぎました……。それでも自由を求めるタカスが見たいのであれば、おすすめです!でも長いです!



『スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師』(★★☆☆☆) ホラー サスペンス
主人公が経営する理髪店、実はヒゲをそりに来た客を椅子に座らせて首を切り、細工をした椅子を動かして下の階のパイ屋の厨房に落とし、パイの肉にしていたという連続殺人鬼の話。
うーん、やはり私にはミュージカルは合わないみたいです。何度も眠くなってしまいました。
1時間もあればすむ話が、無駄に引き伸ばされたかのような…船乗りの男の子もイマイチでした。
ラストのドキドキ感は割りと良かったです。でもやっぱりそうなってしまうよね。



『50回目のファーストキス』(★★★★☆) ラブ コメディ
1年前の事故がきっかけで、前日の記憶を無くし、毎日同じ日を過ごしている女の子に恋をした主人公の話。
毎日記憶をなくしてしまう辛さが、真剣に伝わってきた時はこっちまで泣くかと思いました…切ない。
女の子の父と弟も良いキャラしてます。特に弟…趣味の悪い服を着てるね。
ハワイらしい穏やかで自由でのんびり楽しい日常は、見ていてとても憧れます。



『ジュラシック・パーク』(★★★★★) SF パニック
数年ぶりに見ましたが、やはりとても面白い!!
2時間半とは思えないくらいどのシーンも面白くてどんどんのめりこんでしまう。
そして恐竜に対して熱くなり、もっと知りたいと思ってしまいます。
ジョン博士「大丈夫、多少の犠牲は出たが、もっとしっかり管理をすれば…」
エリー「管理すること自体が幻よ!人の命よりも価値のある夢なんてこの世にはないわ!」
という言い合いのシーンが印象的でした。
言うなればジョン博士は夢・理想・本能でエリーは現実・理性・倫理という…お互いに夢を追いながらもラインを引けているかいないか。そんな対照的な存在なのではなかろうか…と柄にもなくシリアスに考えてしまいました。


残りは簡単に評価のみでいきます。

『ロックオブエイジズ』(★★★★☆) ミュージカル ドラマ

『キャスパー』(★★★★☆) ファンタジー 

『ミッシングID』(★★★☆☆) アクション サスペンス

『ハンガー・ゲーム2』(★★☆☆☆) アクション SF


やっぱり洋画は面白いです!冒険も恋愛も戦闘も、全てが私の刺激になります。
ラブコメって、女性にとっては冒険ものと同じくらいワクワクするものなんですよね。だから見ていて好きです。
あーーーーーーーー私も小此木さんと恋したあーーーーーーーーーーーーい!!

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。