FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストランカー感想(ネタバレ注意)

どうもこんにちは。
最近『歩くギャグ』から『生きるギャグ』にジョブチェンジした來さんです。
どうやら來さんの存在自体がギャグのようです。

さて、そんな私が今日書くのは最近ドはまりした『ラストランカー』というPSPのゲームの感想です。
44439333.jpg


4年前のゲームにネタバレも何もねえよと思われるかもしれませんが、もし気になって買ったよ!という方が居たら申し訳ないな~って(願望)

ちなみに私は近くのゲームショップで300円で買いました。
今が買い時です。感想を描きたくなるほどの神ゲーと私は感じました。

◆簡単なストーリー説明
どっかの小さい民族的な村に居た青年が『自分の生きる意味を探すRPG』というジャンルばりに、幼馴染をぶっとばして都会に出るドラマティックサクセスストーリーです。
そしてその”都会”はいわゆる世界を統治している一つの国家であり、『強さこそ全て』という頭が体育会系の人たちが治めていました。
そこの”都会人”は普通の市民も居れば『ランカー』と呼ばれる戦闘集団(スーパーサイヤ人ではない)も居て、とにかくランクが高いほどかたい・つよい・えらい(某アーダン風に)みたいな風潮
ランキング上位7名は『七騎士』(※中二病をくすぐる単語)と呼ばれ、なんかでかい建物…日本で言うスカイツリーみたいなところに居ます。
主人公『ジグ』はとにかく強さを求め、ランカーを倒しまくり、世界で一番強くなるのを目標にします。

ストーリーは大体こんな感じです。

戦闘システムは最初「!?」状態でしたけど、慣れてくるとだんだん面白くなってきますし、大技とか繰り出せると爽快感もあります。
特に奥義は遊び心があります!!
ちょっとしたムービーも入っててかっこいいです。

メインキャラだけでなく、モブキャラもめっちゃいいんですよ。
中二病を患ったメンヘラさんとか、倒すとすごい声で「痛い…痛いいいぃ~~!!」(これで何かに目覚めそうになった來さん)と叫ぶ根暗キャラとか、ことあるごとに「せんぷぁ~い」と呼んでちょっかいかけてくるくっそ生意気な後輩とか、ヤンキーだけど根はいい奴とか、最初から最後まで優しくて自分を信じてくれるアメフト選手みたいな体型の奴とか。

もちろん声優さんも豪華だし、それだけじゃなくて戦闘中のボイスの演技がすごく好きです。
例えば戦闘終了後に「勝ったのは、俺だ!」っていう台詞も「勝ったのは…俺 ” だ ” ! ! 」みたいな、とにかく熱いボイスばかりでこっちの胸まで熱くなるんです。

宿舎で休むときとかも、主人公(CV:神谷浩史)のいびきが毎回変わるんです。
「グゴゴーンガッ」とか「…グウゥ…」とか。何だか遊び心を感じます。

NPCもストーリーが進むごとに話が変わって、NPCの人生みたいなものも感じました。

なんだかべた褒めで気持ち悪いかもしれませんが、とにかく私にとってはどこをとっても良しな神ゲーとなりました。
ただ周回プレイが出来ないのと、走るのが遅いのが難点かな、みたいな感じです。
ストーリーは大体一本道ですが、自ら寄り道してNPCと会話するのも楽しいです。
戦闘でゲームオーバーになっても、その場でリトライできますしメニューで回復・スキル変更してからリトライも出るので優しいです。
ストーリーも短めで25時間くらいでクリアできます。
ライトユーザー向けで、誰でも気軽に楽しめるRPGだと思います!

今はとにかくひたすら楽しかったという感想なので、2週目プレイ中です!
ラストランカーの続編を密かに期待しています!!


どうやったらラストランカーの魅力を伝えられるか、ありきたりな言葉では駄目だと思いちょっと歪曲したところもありますが、気になってもらえたら嬉しいです。
あと久しぶりに「あ、これ据え置きでもやってみたいゲームだな」って思えました。



ネタバレ感想は続きから
ユーリ様まじ邪悪。
19246408_2086228281_67large.jpg
こういう悪役いいよ、すごくいい。
ジグもかっこいいしマキスも胡散臭くて良いキャラしてるしファズもクールでキレッキレでかっこいいしタイロンとハースもムキムキでとにかくハース様なんてもうこれカッコイーノックだしイゴリダとノーマは名前逆のほうがいいん、だ、け、ど…

ストーリーが進むにつれて
どんどん
ユーリ様が

素敵に見えてきた…(近眼)
あの「ヒッヒッヒ」笑いがホント、好きです…。ブレイブリーデフォルトのティズとは思えない邪悪さ

ストーリーはどの展開も全てツボで、でもあの、ジグがどの場所でも裏切り者扱いされて堕ちていくところはこっちもすごくどんよりムードでプレイしていました…。どこのアクゼリュスだよ…。

私的泣けるシーンベスト3は
3:ウェルマーの死
2:ファズの「助けてくれ」
1:ジグの笑顔

ほんっと最後のジグの笑顔を見たときブワワーーーッて来ましたね。

あとアイリスがいつの間にか死んでたのにもショック受けました。
せっかくジグが犠牲になってアイリスに医療術を極めさせたのに…。
ガルガノのところもやばかったです。父子揃ってユーリに殺されるとかもうこっちの精神がやられそうでした。

ファズの「助けてくれ」は本当にもう…お前は皆殺し編の沙都子かと…!
ファズがジグを憎む理由は賛否両論ですが、私は納得しています。
ファズとジグ、生まれたときからの幼馴染だからこそ、ファズはそう思えたし、ジグはそれを許せるんだと思いました。

そしてユーリとの戦闘。
あの人マジ強い。マジ高貴。マジ邪悪。
氷みたいな冷たい性格がスキルと合っていて良かったです。
攻撃してきてんのに「ヒヒィッww」とか笑うのやめてください。こっちが笑うわ。

で、何度かリトライして倒した後の…
ミシーとの会話、切ない…。
本当にユーリは可哀想な悪役だなって思いました。
そういうの大好き。

センゴクも思ったよりめちゃめちゃ硬派でかっこよくて、最後のセリフとかでは…抱いて!!ってなりましたね。

そして新・七騎士が結成したわけですが、「ああーもう終わりか…あれ?イビノスとか、破砕の日とかどうなったん?まさかうやむやになっておしまい?」とか一瞬恐れたのもつかの間、すぐに新たな脅威が出てきて安心しました。
こういった、ラスボスの後に真のラスボスが居るっていう、伏線やストーリーをしっかり回収して見せるとこまで見せてくれるゲームは大好きです。

正直ラスボスよりハースのほうが強かったです。

あとイビノスのデザインすごい好き。かっこいい。ふつくしいフォルム。
女王なんかも綺麗で美しいんだけどどこか歪みを持ったようなデザイン。

ジグがボスに向けて放った「もう飽き飽きなんだよォ!!」っていう台詞、なんだかジンときました。
今までジグの心の叫びっていうのを聞いたことがなかったので、本当はいろんなことを言いたかったに違いない、でも心を押し殺して今まで我慢してきたんだろうなーとか、力こそ全ての世界で弱いものが弾圧されている、一見弱肉強食のかっこいい表舞台だけれど裏では色々いけないこともたくさんある。
いろんな修練や出会い、裏切りを繰り返してようやく心の声を出せたようなジグの言葉に私はとても心打たれました。
ああ、やっとジグの本音が聞けた…みたいな。
ジグが戻ってこれて本当に良かったです。
私の一番好きなハッピーエンドで、もう神ゲーと崇めるほかありません…!!
もっともっと、ジグたちの話が見たくなりました。

あと、ラストも無難にレンとくっつくんじゃなくって(フラグっぽいのもそんなになかったし)これからも続くーみたいな終わりかた、とても良かったです。

本当に、続編を心から期待しています。
ここまで読んでくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。