スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほのせん&裁きの新刊お知らせ

こんばんは、『死なば諸友諸平野』がモットーの來さんです。(嘘)
最近はすごくしにぞこないって言葉がピッタリな生き様を見せております。

さて、そんな來さんも今月はオンリーイベントに胸を躍らせ、腕を震わせ、泡を吹いて、白目をむきながら原稿をしておりました。
新刊のお知らせです。

6/15 炎の聖戦69 (來音/クリミア09)
◆ファースト・セレナーデ

B5 / 24P / ¥400-
オスカーさん中心と思いきや、クリミア中心オールキャラギャグとなってしまいました。
マカステ要素もあります。サンプルはpixivにて。
タイトルは決まらなかったので診断メーカーで決めました。


◆ケビンとオスカーさんの4コマ
0614-01.jpg
A5 / 12P / ¥-
ツイッターに上げていたケビンとオスカーさんの4コマを無配本にしました。
布教用なので好きなだけ持っていってください。
これでオスカーさんに興味を持ってもらったり、蒼炎・暁が気になる方が増えてくださると嬉しいです。
まあ私の一押しは聖戦の系譜なので、Wiiのバーチャルコンソールで今なら1000円だから皆様ぜひry


◆オスカーさんのチャーム
0614-02.jpg
直径3cm / ¥400-
なんかグッズ作りたいな~って思って作りました。



6/22 裁きの庭25 (マイハラリ/う16)
◆何度だって輝けるさ

B5 / 28P / ¥400-
諸平野の過去捏造のシリアスハッピーエンドなお話です。
前半は本当に暗いし鬱だし諸平野中心だしで誰得なのかよくわかりません。
でもトサカトリオの絆がまた深くなる、という感じの話になりました。


拍手返信です!
拍手のみの方もありがとうございます!

逆裁5プレイ感想読みました。5は私もプレイしててテンション上がりました!番さん良いですよね!
あのような子供みたいな感想を読んで下さりありがとうございます!!5はなるほどくんが出る度にもう大興奮でした!!DLCもプレイしたのですが、とても…素晴らしかったです。窓から顔を出す番さんが可愛すぎて忘れられませんww
拍手コメントありがとうございました!






>>トサカトリオの新刊について
ここから先は愚痴・鬱・暗い話になりますので、自己責任でお読みください

















実は裁きの庭25では、トサカトリオの新刊を出すのをやめようと思っていました。
かつ、今後の裁きへの参加もやめようと思っていました。

その理由として、トサカトリオに対して否定的な意見が目に入ったからです。
私はとてもショックでした。いろんな方がトサカトリオを好きになってくれて、絵を描いてくれて、またさらに広まっていって…なんだか自分の考えたトサカトリオが受け入れてもらえてるように思えたからです。
もちろん、良い意見ばかりではなく、いつか否定される日もくるんだろうな、と思っていました。
けど、それは一度だけではなく、二度も三度もトサカトリオを否定されていました。
その事を知った私と、いつも合同誌を作ってくれる友人は本当にショックを受けました。
ただ「苦手」と、一言ならばまだ「ああそうなんだ」で終われましたが、そうではなく、詳しくは書けません(というかショックで覚えてません)が、とにかくショックを受ける言葉が並べられていました。

考えてみてください。
「トサカトリオが苦手」というのは、「○○さんの二次創作が苦手」と言われているのと同義なんです。
しかも、自分が「トサカトリオ」と検索するたびに目に入るのです。
「トサカトリオ」という個人が考えた二次創作と、公式のキャラを比較されたりもしていました。

そして私はいろんなことを思いました。
「私が今まで描いてきたトサカトリオは何だったのか」
「嫌ならば見なければいいのに」
「どうしてわざわざ公式と二次創作を比べられなければいけないのか」


しばらく悩み、苦しみ、辛い思いが続きました。
もちろん支えてくれた方もいますし、励ましてくれた方もいます。
それでも、もうトサカトリオを描く自信は失われていきました。

しかし少しずつ、「悔しい、どうしてトサカトリオばかりそんなに嫌味を言われなければならないのか」と思い始めました。
言うなれば、たかが個人の二次創作です。何故そこまで粘着質に否定されなければいけないのか。
諸平野だって哀牙さんだって馬乃介さんだって私の中で生きている。
トサカトリオを否定されたのは辛いけど、それでも私は描いていたい。
否定する人よりも、応援してくれる人のほうが多いから。

そして私は今回の話を描くことにしました。
あなたの好きなキャラ、嫌いなキャラにだって、それぞれの過去があり、思いがある。
そしてそんなキャラを生かしているのはあなた自身でもある。
つまり、どんなキャラクターだって生きているということを伝えたかったのです。(この本の内容で伝えられたかはわかりませんが)

『何度だって輝けるさ』は、そんな私の、色んな思いが詰まった本になりました。

最後に、私は別にトサカトリオを否定した人を否定したいわけではありません。
ただ、キャラクターの中身を知らないのに否定するのは推奨しません。(現に馬乃介さんを知らない様子だったので)
また、「トサカトリオが苦手」という言葉でぼやけたように見えてしまいますが、それは「○○さんの絵が苦手、嫌い、二次創作が嫌だ」と言っているのと同義だと思います。
誰でも自分の作品を否定されたら嫌な気持ちだと思います。
そういった個人を否定する発言は控えたほうがいいと思います。
言っている本人は特に何も感じずとも、目に入ったほうは不快感でいっぱいです。
どうかこれを読んでいる方だけでも、そういった私の思いに少しでも共感して頂ければと思いました。
暗い話で申し訳ありません。

また、今はトサカトリオを応援している方が沢山いらっしゃいますし、とても励みになっております。
本当にありがたいことです。
色々壁にぶつかりつつも、それを乗り越えながら、これからもトサカトリオと一緒に頑張って行きたいと思いますので、今後共よろしくお願いします。

以上です。
長くなりました、ここまで読んでくださりありがとうございました。

苑神 來
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。